シネマ感覚思考 / cinema-feel-think

1つの記事内に基本、映画紹介パートと、ネタバレありパートに分けて記載しています。お見知り置きくださいませ。



シネマ感覚思考について

 

シネマ感覚思考の記事は基本3種類あります。

 

 

 

 

1つ目が"映画評"で、

2つ目が"映画感想"、

3つ目が"映画に纏わる論"です。

 

 

 

 

"映画評"とは:

映画を2回以上観て、調べ物をした上で、個人的な解釈や分析を書いていきます。

思考よりの記事ですね。

 

 

 

 

"映画感想"とは:

映画を1回以上観て、あまり調べ物をせずに思ったこと、感じたことを書いていきます。

感覚よりの記事ですね。

 

 

 

 

"映画に纏わる論"とは: 

映画を1回以上観て、その内容に関連する特定の事象について、シネマ感覚思考なりにまとめあげたものを書いていきます。できるだけ先端の知見を入れ込みたいと思っています。

思考するための記事ですね。

 

 

 

 

 

 

そして、記事で紹介した映画の、シネマ感覚思考的オススメ度を

 

 

・絶対観て欲しい!!!!!

・オススメします!!!!

・観ても良いかも!!!

・観なくても良い!!

・他に時間使おう!

 

 

 

の基本5つで書いていきます。

映画を観る際の参考になれば幸いです。

 

 

 

全ての感想・評論・映画に纏わる論の記事は、

 

・コピー(惹き文句)

・作品タイトルと原題

・あらすじ

・感想(ネタバレなし)

・オススメ度

から成る基本パートと、

 

・ネタバレ感想

・演出についての雑記(印象に残ったシーンなど)

加えて、監督や制作プロセスなどについて付記した

展開パート、に分かれています。

 

 

基本パートは、作品が気になるけど、観るかどうか迷っている方へ向けたパートで、

 

展開パートは、作品を鑑賞した方に、ネタバレ含めた内容を紹介するパートとなっています。

 

 

 

 更新は、毎週月曜日の正午を目指して、書いていくつもりです。

以後、お見知りおきくださいませ。