シネマ感覚思考 / cinema-feel-think

1つの記事内に基本、映画紹介パートと、ネタバレありパートに分けて記載しています。お見知り置きくださいませ。



!!!!

映画感想:『ブラック・クランズマン』&"偏見"に纏わる論

Do the Right Thing. 『ブラック・クランズマン』 原題:BlacKkKlansman あらすじ アメリカ合衆国を二分した南北戦争時に、奴隷制を掲げ、アメリカ連合国を名乗った南部地域。その地で、白人こそ至上という考えのもと、人種差別を行う団体"KKK"が生まれ、未だ…

映画感想:『愛がなんだ』

『愛がなんだ』 英題:Just Only Love あらすじ テルコは未だにマモルの恋人ではない。5ヶ月前に出会って以来、マモルはほぼ毎週、金曜日にテルコを呼び出して飲みに誘う。だから、テルコはマモルのためにスケジュールを空けておく。約束してなくても。マモル…

映画感想:『テルアビブ・オン・ファイア』

〜パレスチナ問題にフムスを添えて〜 『テルアビブ・オン・ファイア』 英題:Tel Aviv on Fire あらすじ アラブ人のサラムは叔父を頼って、パレスチナ・イスラエル共に人気のTVドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の脚本の仕事を手に入れた。しかし、書けな…

映画感想:『女王陛下のお気に入り』

『女王陛下のお気に入り』 原題:The Favourite あらすじ 18世紀初頭のイングランドは、アン女王の治世だった。国を治めるためにやらなければいけない業務は山盛りだが、アン女王は痛風が痛い。おかし好きだし、ウサギは可愛い。そんなアン女王を支えるのは、…

映画感想:『ROMA/ローマ』

君たちはどう育っていくのだろう 『ROMA/ローマ』 原題:ROMA あらすじ 1970年代、メキシコのローマ地区にある家で、住み込みメイドとして働くクレオ。家の雑務をこなしながら、時には同僚と遊びに出かけ、Wデートを楽しんだりしている。雇用主である夫婦の末…

映画感想:『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

全ては踊るために 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 原題:The White Crow 東京国際映画祭:『ホワイト・クロウ(原題)』 あらすじ 1938年、ソビエト連邦領内の汽車の中でヌレエフは産声をあげた。バレエへの志を持つも順風満帆とはいかなかった。問題児…

映画感想:『氷の季節』

全て、あんたの望んだ通りか 『氷の季節』英題:Before the Frost 原題:Før frosten あらすじ デンマークの貧しい農村地帯。イェンスを家長とする4人の一家では、日々の食糧がぎりぎりとなり、冬以降の生活の目処が立たなくなった。大地主として、教会では上…

映画感想:『大いなる闇の日々』

ここでのルールを教えてやるよ 『大いなる闇の日々』 英題:The Great Darkned Days』 あらすじ チャップリンの物真似大会で優勝した後、親戚の家へ向かおうとするフィリップ。大会終わりで公共シャワーを浴びていると、突然若者たちが近寄って来た。「ここで…